クレンジング料 選び方

MENU

クレンジングが必要な理由

クレンジング

クレンジングで落とすものは、油性のメイクアップ料です。

 

ですから、メイクをしている日はクレンジングの必要があります。

 

油性汚れであるメイクアップ料は、水にはなじみません。

 

そのため、メイクアップ料を浮かせるための油分と、水となじませるための

 

界面活性剤 + アルファを配合してあるのが「クレンジング料」です。


 

 

クレンジン料の種類と肌への刺激

シートタイプ

界面活性剤の洗浄力だけで落とす。
「油分でメイクを浮かせる」というプロセスを省略。
そのため肌ダメージが大きい。
さらに、拭くときにどうしても肌に小さな 傷がつきやすい。

オイルタイプ

サラッと簡単に落ちるのが人気。
しかし、界面活性剤を多く含むため、
そのぶん肌ダメージも大きい。
とくにメイクの濃い日だけに限定して使用したい。

ジェルタイプ

クリームのような乳白色タイプなら○。
界面活性剤多い乳化していない
透明のジェルタイプは、肌への負担は大。

クリームタイプ (オススメ!!)

肌へのやさしさとメイクオフカを
兼ね備えた適度な油分を含んでいる。
ただしメーカーによって多少バラつきあり。

ミルクタイプ

薄づきメイクの人向き。
水分が多いため、メイクオフカはいまひとつ。
肌にはやさしい。

クレンジング料の選び方

クレンジング料は、日々の
スキンケアアイテムの中では、
もっとも肌を傷めやすいもの
です。

 

ですから、なるべくよいものを選ん
で、肌をいたわる努力が必要です。

 

では、何を基準に選べばいいのか
というと自分のメイクの濃さに合わせて
使い分ける
のがおすすめです。

 

メイクオフカも高くないと落ちにくく、また休日の薄いメイクなら弱めでも充分落ちます。

 

ただし、メイクオフカの強いものは当然肌の負担になります。


たとえば油分の多いオイルタイプは、
界面活性剤が多く配合されているため、肌への負担が大きい傾向にあります。

 

サラサラとした
液状のため、肌をこすってしまいやすいのも欠点です。

 

リキッドタイプのクレンジング群も同様です。

 

また、ミルクタイプも最近、肌にやさしいと人気のようですが、
水分が多いため、メイクとなじむまでに時間がかかりやすく、
肌をこすってしまいがち
なので、注意が必要です。

 

ミルクタイプは、メイクが軽め(粉おしろいだけなど)だけれど、
一応クレンジングをしたいというときはよいですが、
ファンデーションを使ったときには、あまりおすすめできません。

 

「時間がないときでも手軽に使える」という理由で人気の
「油分でメイクを浮かせる」というプロセスを省略し、
界面活性剤の洗浄力だけで落とすシートタイプは、もっとも肌を傷めます。

 

毎日おこなうと赤ら顔になったりシミを作ってしまうこともあります。

 

「質」で選びましょう! 「価格」や「簡単さ」は、NG!

総合的に考えてみると、「クリームタイプ」が、油分も
水分も多すぎず、バランスがよいということになります。

 

なかでも、適度に硬めのテクスチャー(さわり心地や付け心地)のものを選びましょう。

 

その理由は、硬めのテクスチャーの「クリームタイプ」は、上質だからです。

 

値段の安さや簡単さで選んでしまうのは NG! です。

 

クレンジング料が少しでも合っていないと、その後にどんなに良いスキンケアをしても、
肌は、綺麗にはならないことを心得ておきましょう!

 

適度な硬めのテクスチャー、b.glen(ビーグレン)【クレイウォッシュ】

関連ページ

洗顔の主な役割とは?
洗顔とクレンジングとの違いと、洗顔料の選び方。
化粧水をつける意味・選び方
基本の化粧品である化粧水についての具体的な説明です。
乳液の選び方つけ方
基本の化粧品である乳液についての具体的な説明です。
クリームの選び方つけ方
基本の化粧品であるクリームについての具体的な説明です。
ファンデーション
基本の化粧品である・ファンデーションについての具体的な説明です。