基礎化粧品 クリーム

MENU

クリームの選び方

クリーム

乳液とクリーム両方を使わなければいけないかというと、そうではありません。

 

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。

 

目もと、口もとには、年齢を問わず皮脂腺が少ないものです。

 

この部分の乾燥が気になる人は、油分を与えるためにクリームを使うのもよいでしょう。

 

ただし、30代までは、肌の水分は減りますが、油分はあまり減りません。

 

そのため、乾燥肌には油分ではなく水分を保つスキンケアを心がけます。

 

最近はクリームでも、シェルのような軽いテクスチャー(感触)のものもありますが、それでは美容液とあまり差がなく、わざわざクリームを
使った甲斐がありません。

 

こくのある、クリームらしいもののほうがおすすめです。

クリームの付け方

洗顔後、化粧水と美容液を顔全体にのばしたあと、不必要に油分をつけるのを避けるため、ほかの部位に広がらないようし、また、こすらないようにします。

 

クリームを目もとと□もとにだけ、薬指でやさしくたたきこむようになじませます。

関連ページ

クレンジングが必要な理由
クレンジング料についての解説です。
洗顔の主な役割とは?
洗顔とクレンジングとの違いと、洗顔料の選び方。
化粧水をつける意味・選び方
基本の化粧品である化粧水についての具体的な説明です。
乳液の選び方つけ方
基本の化粧品である乳液についての具体的な説明です。
ファンデーション
基本の化粧品である・ファンデーションについての具体的な説明です。