基礎化粧品

MENU

ファンデーションは、パウダータイプが肌にやさしい

ファンデーション

ファンデーションには、
クリームファンデーション、パウダーファンデーション、
練り状のファンデーションなどがあります。


一般的に、クリームファンデーションのほうが、乾燥肌や敏感肌向きの
イメージがありますが、むしろそれは逆だといえます。

 

クリームファンデーション

は、分散させた顔料(色のついた粉)を乳液のようなものの中に入れていますが、分離しやすいので、界面活性剤で乳化し、安定させてあります。

 

界面活性剤として使用している乳化剤が、肌への刺激になるのです。

 

また、液状である以上は、水分を含むわけですから、防腐剤も必要になります。
リキッドファンデーションや、最近出てきたゲル状ファンデ−ションも同様です。

 

パウダーファンデーション

は、水分を含まないのはもちろん、乳化剤も含みません。

 

食品と同じように化粧品も水っぽいものは腐りやすいので、水分がないパウダータイプが比較的添加物が少なく、肌にはやさしいといえるのです。

 

練り状のファンデーション

については、
パウダーと同じようなケースに入っているものやスティック状になったものもあります。

 

いずれも、顔料に、油分だけを少し加えて、ある程度の硬さになるように練ったものです。

 

これは、水を含まないので乳化剤や防腐剤もほとんど必要ありません。

 

練り状のファンデーションは、カバーカを出したい人にはおすすめです。

 

その理由は、
クリームタイプよりは刺激が少なく、パウダータイプよりはしっとり仕上がるからです。

 

ただし、練り状のファンデーションは、油分が多いため、ニキビができやすい人は要注意です。

 

メイク前の保湿を!

ファンデーション

ファンデーションを塗るときは、数時間後を想定して仕上げたほうがうまくいきます。

 

朝のスキンケアとメイクをしてから、時間がたつにつれ、肌の水分は蒸発していきますが、油分は逆に皮脂分泌に伴って増えていくためです。
メイク前の保湿を改善することによって、時間が経ったときには、キレイに見えます。

 

朝のメイク前のスキンケアでは、水分(保温成分)を多めにするために、まず、洗顔後、化粧水をつけてから、セラミドなどの保湿成分を含む美容液を多めに使います。

 

この美容液が、化粧下地のかわりになります。

 

ただし、パウダーファンデーションを塗る場合の「粉浮き」がどうしても、気になるときには、つぎに、保温成分配合の乳液または保湿クリームを少なめに重ねます。

 

10分ほどそのままにしておき、自分の皮脂と混ざり合うのを待ちます。

 

そのあとパウダーファンデーションを塗りまして、1時間ほど待ちますと自分の皮脂が出てきて、なじんでちょうどよくなります。

 

また、肌にもやさしい粉おしろい(ルースパウダー)を使用することによってパウダーファンデーションよりも粉浮きせずにきれいに仕上がる場合もあります。

関連ページ

クレンジングが必要な理由
クレンジング料についての解説です。
洗顔の主な役割とは?
洗顔とクレンジングとの違いと、洗顔料の選び方。
化粧水をつける意味・選び方
基本の化粧品である化粧水についての具体的な説明です。
乳液の選び方つけ方
基本の化粧品である乳液についての具体的な説明です。
クリームの選び方つけ方
基本の化粧品であるクリームについての具体的な説明です。