基礎化粧品 乳液

MENU

乳液の選び方

乳液

乳液の選び方ですが、結論から言いますと、セラミドなどの保湿成分が、配合されたものをおすすめします。

 

肌の水分は、油分でフタされているわけではなく、セラミドなどと結合することによって維持されていることが、わかってきたからです。


セラミドの存在が、わからない、かつては、肌の水分は、油分でフタされているわけではないのに、「水分のあとに、油分でフタ」という、古典的なスキンケアが主流で、「化粧水と乳液」は、「シャンプーとリンス」のようにセットで販売されていたものでした。

 

このセラミド配合の「油分でフタ」から一歩進んだ、美容液と乳液の中間のような、新しいタイプの保湿成分をたっぷり含んだ乳液も最近は出ています。

 

このような乳液ならば、使う価値はあるでしょう。

 

皮脂の分泌量が充分にある30代までは、きちんとした保温ができていれば油分補給は必要なく、乳液やクリームも不要のはずです。

 

それは、乳液やクリーームを使う最大の目的は、油分を補うことにあるからです。

 

30代までは、必要以上に油分を与えすぎないように注意したほうがよいので、乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選びましょう。

 

しかし、40代からは、水分だけでなく油分も低下するので、乳液で適度な油分を補うことは、肌をやわらかく、なめらかにします。

 

動きの激しい部分で、
乾燥しやすい目元や口元には乳液やクリームを重ねることも必要かもしれませんね。

 

化粧水、美容液、乳液のつけ方

乳液

一度、手のひらにとって顔全体にさっとなじませたあと、中指と薬指を使って、さらになじませていきます。

 

なじませる方向は、顔の内側から外側へ、下から上へ。
鼻だけは、上から下へ。

 

仕上げに、目のまわりとフェイスラインを軽く指で押すのもよいでしょう。

鉱物油について

鉱物油は、石油を精製して(不純物をのぞいて)つくられるオイルです。

 

よく、「鉱物油が肌に悪い」という話を耳にしますが、それは、間違いで、戦前の、質の悪い鉱物油のイメージが残っているものと思われます。

 

実際、今では純度が高く精製された油を使っているので、油焼けなどの心配もなく、安心して使えます。

 

この、乳液やクリームによく使用される鉱物油は、肌を保湿する働きがあり、皮膚科でもあつかっているワセリンも、鉱物油からつくられます。

関連ページ

クレンジングが必要な理由
クレンジング料についての解説です。
洗顔の主な役割とは?
洗顔とクレンジングとの違いと、洗顔料の選び方。
化粧水をつける意味・選び方
基本の化粧品である化粧水についての具体的な説明です。
クリームの選び方つけ方
基本の化粧品であるクリームについての具体的な説明です。
ファンデーション
基本の化粧品である・ファンデーションについての具体的な説明です。