大人ニキビ原因

MENU

治りにくい大人ニキビの原因

説明

ニキビは青春のシンボル!

 

とどこかで聞いたフレーズですが、
実は青春どころか何歳になってもニキビはできてしまうものです。

 

肌に合わない化粧品の影響や、季節の変化による乾燥した空気や肌の汚れホルモンのバランス崩れや食生活によるもの、ストレスや睡眠不足など。

 

内部的要因と外部的要因が複雑に作用しあってできてしまうのです。

 

ニキビのできる部位は顔に限らず、身体の中心に沿ってできやすくなってるようです。

 

これは皮脂腺が身体の中心に集まっており、古い角質が溜まりやすい状態だからです。

 

大人になってからの代表的なニキビの原因を取り上げてみましょう。

 

まず、毛穴に皮脂や古い角質などが詰まり、そこでアクネ菌などの影響で炎症が起こります。

 

主な原因として、過剰に分泌される皮脂があげられますますが大人ニキビは新陳代謝が弱まっていることもあり、残ってしまった皮脂や油分の多い化粧品などが原因のようです。

 

次に、内部的要因としてストレスやホルモンバランスの崩れる生理や妊娠なども影響します。

 

ホルモンの影響を多大に受けることもあり、卵巣や子宮にトラブルがあると大人ニキビができやすいかもしれません。

 

そして大人ニキビは、若年期に比べ治りが遅かったり、ニキビ跡が治らない場合もありますので体調や生活習慣には一層の注意が必要です。

 

更にニキビには、黒ニキビ・白ニキビ・赤ニキビなどの種類があり、原因も治療法も違いますのでむやみに自己判断で治療しないことをお勧めします。

関連ページ

生活スタイルによるニキビの予防
食生活、睡眠時間、姿勢は、ニキビ予防の重要要素。
洗顔によるニキビの予防方法
ニキビ予防のための正しい洗顔法
ニキビの天敵 〜 洗顔料の油分
保湿成分としての油分が、ニキビができる原因の一つ。
ピーリングとは?
古い角質を落とすピーリング
背中ニキビ〜 タオル・下着の気遣
木綿タオルの使用や木綿下着の着用を心掛けましょう。
肌に優しいファンデーションを!
肌に優しいファンデーションを!
ニキビ治療に漢方薬
荊芥連翹湯・防風通聖散・桂枝茯苓丸など・・・。
ニキビ痕のお手入れ方法
きちんとニキビ痕の手入れをすれば、きれいに治るものが大半