皮膚構造 表皮

MENU

皮膚の構造 〜 表皮

表皮の構造

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織で構成されます。

 

そのなかでも、スキンケアをするうえでとくに
知っておきたい、表皮と真皮の構造を中心に、
くわしく説明していきます。

 


皮膚のいちばん表面の部分が、表皮です。
「角層」「角層以下の表皮」とで構成されていて、
それぞれにきちんとした役割があります。

 

表皮は、体の部位によっても違いますが、厚さ0.2mm程度で、
それが4つの層(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)に分かれています。

 

肌における表皮は、バリア機能を有していまして、
約28日間かけてターンオーバーをして、大事な役割を持っています。

 

ただしターンオーバーは加齢で遅くなり、「角層以下の表皮」も薄くなります。

 

角質層

角質層

角層は、外敵から身を守るシャッター。

 

表皮細胞の死んだもの(角質細胞)でできていましてレンガ状に約20層(顔の場合)積み重なってできている層です。

 

水分を約20〜30%含んでいます。


 

表皮は、顔では0.1ミリほどの厚さをもち、
ラップと同 じくらいの薄さながら、肌に触れる外からの刺激
などが体内に入らないよう守ったり、肌内部の水分が蒸発しない
ように守ったりと、いわばシャッターのような働きをしています。

 

角質細胞は、やがては垢となって脱落していきます。(ターンオーバー

角層以下の表皮

角質層

角層以下の表皮は、違って、生きた細胞(表皮細胞)でできています。

 

約65%の水分を含んでいます。


真皮との境目にある「基底層」で生まれた表皮細胞が、
しだいに角質細胞になるための準備をしています。

 

外からの刺激に反応して、その情報を神経などに伝えたり、
ときにはアレルギー反応を起こすなど、さまざまな活動をしています。

 

生きたひとつの臓器とも言える角層以下の表皮は、
お互いの細胞 はしっかりとくっついて、角層とともに
伸びても破れないような丈夫な構造をつくっています。

 

 基底層
基底層は、真皮と角質細胞の境目にあり、肌の生産工場とも
言えまして新しい表皮細胞が生まれる工場の働きをしています。

 

 メラノサイト
基底層にあって、紫外線に反応してメラニンをつくり出す色素細胞です。

関連ページ

皮膚の構造 〜 真皮
真皮の構造を図解で解説しています。スキンケアをするうえで得に知っておきたい、真皮の構造についてです。
ターンオーバーとは?
ターンオーバーについての解説です。美肌への第一歩ターンオーバーは、健康な角質細胞をしっかりくり出せるよう一定のサイクルを保つことが大切です。
角質のバリア機能
角質のバリア機能についての解説です。お湯が肌内にどんどん入っていかないのは、どうしてだと思いますか?その答えが、ここにあります。
セラミドとは?
セラミドについての解説です。気温がマイナス20℃まで下がっても凍らない性質のセラミドは、あらゆる環境に対応する、保湿のスペシャリストです。
基底層
基底層についての解説です。基底層は、ターンオーバーのサイクルのスタート地点で新しい表皮細胞を生み出す工場のような組織です。
線維芽細胞とコラーゲン
線維芽細胞とコラーゲンについての解説です。コラーゲンは、線維芽細胞という細胞から新しくつくり出され、古くなったものは酵素などで分解されていきます。