基底層

MENU

基底層

表皮のいちばん深い部分にあり、
表皮の中でいちばんの働きものが、「基底層」です。

 

「基底層」は、
ターンオーバーのサイクルのスタート地点で
新しい表皮細胞を生み出す、工場のようなところです。

 

新しい細胞が作り出される時は、まず毛細血管から栄養分と酸素が供給され、
「基底層」にある「基底細胞」が必要に応じて細胞分裂します。
そして、ターンオーバーのスタート地点になっているのです。

基底層

ダイエットなどで栄養(とくにタンパク質)が不足した場合や、
タバコを吸って血行が悪くなったりした場合、ターンオーバーに支障をきたします。

 

さらに、「基底層」は、真皮を守るというとても重要な働きも担っています。

 

なぜ重要かというと、それは、「基底層」から上の表皮の部分は、
ターンオーバーしているので、傷がついても元に戻りますが、
真皮にまでおよんだ傷は完全には元に戻らないため、真皮を
強力にガードする必要があるからです。

 

そのため、「基底層」は基底膜と一体になって強い膜のようになり、
真皮の線維にも結合して、真皮を強力に守っているのです。

 

また、基底層には、「メラノサイト」もあり、基底層で、真皮に
紫外線が届かないようにメラニンをつくってカーテンのように
ブロックして紫外線が、届かないようにしているのです。

基底層

基底層は、年齢とともに弱くなり、メラニン色素が基底層より
下の真皮に落下するということも起こってきます。

 

落ちたメラニンは、頑固なシミとなって残ってしまうことになり、
若いころよりもだんだんシミができやすくなる一因なのです。

 

また、規則正しい生活、食事、正しいスキンケアせず・・・
例えば、過度なダイエットなどでたんぱく質などの栄養源が
不足したり、血行不良を起こしたりしている場合は、基底層の
細胞にうまく栄養と酸素が行き渡らず、ターンオーバーが妨げられます。

関連ページ

皮膚の構造 〜 表皮
表皮の構造を図解で解説しています。スキンケアをするうえで得に知っておきたい、表皮の構造についてです。
皮膚の構造 〜 真皮
真皮の構造を図解で解説しています。スキンケアをするうえで得に知っておきたい、真皮の構造についてです。
ターンオーバーとは?
ターンオーバーについての解説です。美肌への第一歩ターンオーバーは、健康な角質細胞をしっかりくり出せるよう一定のサイクルを保つことが大切です。
角質のバリア機能
角質のバリア機能についての解説です。お湯が肌内にどんどん入っていかないのは、どうしてだと思いますか?その答えが、ここにあります。
セラミドとは?
セラミドについての解説です。気温がマイナス20℃まで下がっても凍らない性質のセラミドは、あらゆる環境に対応する、保湿のスペシャリストです。
線維芽細胞とコラーゲン
線維芽細胞とコラーゲンについての解説です。コラーゲンは、線維芽細胞という細胞から新しくつくり出され、古くなったものは酵素などで分解されていきます。