UV対策

MENU

正しいUV対策を確認

SPFの高い日焼け止めを使っていれば安心?

NO! UVAを防ぐ「PA」にも注目!

SPF

日焼け止めの効果の指標にはSPFとPAがあり、SPFはUVBを、PAはUVAをどれくらい防げるかという指標です。

 

SPFの高い日焼け止めを使っているから大丈夫…ではなく、紫外線の約95%はUVAなので、SPFだけでなくPAが高いものを選ぶことも重要です。

 

さらに理想的なのは、肌の奥まで届いて重大なダメージを引き起こすDeep UVAまで防げる日焼け止めです。

直射日光に気をつけていれば大丈夫?

NO! 上から降り注ぐだけではない!

UV対策

 

曇っていても、晴れの日の半分以上の紫外線が降り注いでいます。

 

また、日陰にいても空気の分子に当たって散乱する紫外線があらゆる角度から肌に当たっているため、帽子や日傘だけでは防ぎきれません。

 

直射日光に当たらないときも油断は禁物です。

 

日傘を差していてもあらゆる角度からDeepUVAが!

外出しない日は、日焼け止めを塗らなくていい?

NO! Deep UVAは室内にも侵入してくる!

DEEP UVA

 

Deep UVAは窓ガラスや力ーテンも通過するため、自宅や車内など室内で過ごす日も日焼け止めは必須です。

日焼け止めはたっぷり塗れば塗るほどいい?

NO! 「量」より「正しい塗り方」を!

 

厚塗りをするとメイクが崩れやすくなり、そこから紫外線が入り込んでしまう可能性が…。

 

日焼け止めは適量をムラなく塗り、こまめに塗り直すのが効果的です。

 

「UV対策トライアルセットを比較」のページへ